2018年06月19日

True Voice トゥルーボイス〜自分自身の本当の声〜 の効果とうれしい可能性

先日の「歌うたいと鍵盤弾きDUO」 クラシックピアニスト山中ナオさんとの歌鍵LIVEで終わってからも色々反響があったのが
34436333_1711591382256177_1291045144585306112_n.jpg
私の「True Voice 〜自分自身の本当の声〜」についてでした
私より聴いてくださったお客様から色々面白いご意見をいただき、改めてトゥルーボイスの持つ力や影響を実感しました。
最近「True Voice 〜自分自身の本当の声〜」について聞かれることが有るので、ちょっこっとご紹介したいと思います


◆声のマエストロと呼ばれている Miguel Angel Curti(ミゲル アンヘル クルティ)氏との出会い
DSC06254-c-thumbnail2.jpg
私が声の師匠(マエストロ)として師事しているのは
イタリアボローニャ在住で、声のマエストロと呼ばれている Miguel Angel Curti(ミゲル アンヘル クルティ)氏
世界中に生徒をお持ちで、マエストロに師事している歌手やピアニストはクラシック界ではオペラ座やカーネギーホールに出演していたり、クラシック以外にも2016年には日本の『ジャズ批評』誌ジャズオーディオ・ディスク大賞【ヴォーカル部門金賞】を受賞した歌手など、ジャンル問わず沢山の生徒さんが活躍されています
私もマエストロのベルカント「Bel Canto Curti School of Singing」(通称ベルクル)で見つけていただいた、いや思い出させていただいたのが「True Voice 〜自分自身の本当の声〜」です

「Bel Canto Curti School of Singing」(通称ベルクル)とは
26220232_10213693422162761_6081607344629367832_nho.jpg
Bel cantoベルカントはイタリア語 で「美しい歌」「美しい歌唱」の意味が有る声楽用語のひとつ
イタリア・オペラではある種の理想的な歌唱法の一つだそうです。
マイクもない時代に大きな石の教会で、後ろの人にまで声が届くように身体も周りの空気の振動も使って歌うのです。
それにクルティ氏は東洋整体なども取り入れ、その方本来の楽な姿勢で身体と心を繋げて発声する方法を教えてくださいます。
マエストロがレッスンで特に大切にされている事が有ります。
それは、
音楽は芸術であり、トレーニングや訓練で得るモノではない
自身の内なる芸術なので、まず自身の「喜怒哀楽」感情を自分自身が受け入れてあげて、自分を取戻し心地よい状態で声を出すこと。
そしてそれを届ける思いが美しい調べになる

まずは自分自身の本当の声を思い出すことがスタートになるのです。

2年前、ボローニャにしばらく滞在して朝から晩までマエストロにレッスンを受けた時によくこんなお話をしていました。
IMG_1229-ce485.JPG
日本人はとても優しく我慢をします。自分の怒りや悲しみを人に見せる事はイケないと思っている人が多い、
でも、怒りも悲しみも妬みも全て自分の大切な感情なのです。それをまず自分が認めてあげることはとても大事な事です。
自分を見つけて取戻し声にのせて周りに伝える事で、自身もその声を聴く人も心地よい状態になるのです。
自分の本来の声って子供の頃は誰もが普通に使っていたのだと思います
それが大きくなるにつれ、色々我慢したり強がったり状況によって隠したり忘れたりするんですよね
それを音楽をツールにして、あの頃の「何の不安もない、気持ちよい心地いい感覚」を呼び起こし声に出せたら
そしてそれを常時取り入れられたら、、身体も生き方も変わってくる

マエストロはレッスン中、生徒さん達のどんな感情も止めたりしません
笑う、悲しむ、怒る、喜ぶこの感情を周りに気兼ねなく溢れさせて声を出すだけでとてもとても心は軽くなるようですね

なので生徒さん方お一人おひとりに対するアプローチの方法が違うものベルクルの面白い所
歌手だけでなく、楽器奏者、司会者や俳優さんなど声を使うお仕事の方もレッスン受けられるのも分かります。

もちろん生徒さんによって必要な事や言葉は違いますが
師匠が英語と日本語まぜながら私に言ってくれたのは
「きょうちゃん、上を向いて顔を上げて胸いっぱいに呼吸しなさい、歌いなさい。そうすればきょうちゃんの歌も人生も明るくなります。」
これ、じつに色々な意味で理に適っていたのです。


自分自身の本当の声「トゥルーボイス」で歌ってみたら。。
マエストロに出会って5年経ちますが私の実体験でお話しすると。。
マエストロに師事して以来、直ぐに声も身体も変化が現れました。実際の表現で言えば先ずはとにかく声が通る(笑)

例えば、それまで100名以上の打楽器隊やダンサーに声を届けるサンバは、力を入れて歌っていました
その為喉や体に負担がかかっていましたが、ベルクルに出会ってからは本当に力が抜けて楽な状態になったのに今までより更に声が通るように
なりました
IMG_5958-37cbb.JPGフェジョンプレット.jpg京都サンガ1.jpg
何が驚いたかと言えば、それは私が気付く前に観客の皆さんや共演者から言われたという事(笑)

そして心情の上でもかなり変わりました
お仕事で歌う事には責任が有ります。それは大切な事だけれど、囚われ過ぎてはイケない。
マエストロに言われました「自分を信じて拘りを捨て『自分の歌』をうたいなさい」
この変化は私にとってとても大きな事でした

あと、驚いたのが持病の腰痛と肩こりが軽減されたこと!あくまでも個人の意見ですが、
確かに正しい姿勢で歌うので背筋やインナーマッスルが付いたこと、そして下記にもありますが、肩甲骨の可動域が拡がったのです
サンバフェスタ(コンクールでフェジョンさんの連覇がかかってました)の直前に持病の腰痛が悪化した時、
前日のレッスンのお蔭で身体の歪みが整ったようで腰痛が軽減し無事に歌えた時は本当に感謝しました〜
マエストロには本当にびっくりさせられます。


IMG_8335.JPGIMG_8366-cfa1d.JPG
もう一つ、ベルクルの面白い所はクラシックだけでなく、ポップスやジャズ、サンバやロックなどジャンル問わず使える事です

A795FAFB-0667-42E3-9761-292D3E93BC11.jpegAD3C1EE2-B182-49C5-B581-68BA0E878A96.jpeg
ですが、今回クラシックとの初共演でこのトゥルーボイスの特性がより分かりやすく出たようです
私にとってクラシックとのがっつりコラボは確かに冒険でしたが、ここはマエストロの伴奏もしていた山中ナオさんのピアノだからこそ歌えたと思います。
34470483_1566634796791911_769309774645821440_n.jpg
ナオサンに感謝(^^)

「パワーが有るのに繊細で優しい声、無理の無い心地よい声
そしてその歌が、それぞれの楽曲に持つ思い出や記憶を呼び起こし、いつのまにかその方自身の世界に入り込んでいた。」
そんなご感想が今回初めて私の歌を聴いてくださった方や25年以上私の歌を聴いて下さった方まで、彼方此方から届きました。

聴いている内に自分の記憶、その時の匂いや味覚まで五感を呼び起こし、音楽で心の旅する
こんなに嬉しい感想はありません。これこそ私達が目指した「聴く人に寄り添う音楽」の第一歩だと思いました

これも山中ナオさんのピアノのお陰だと本当に思います。無垢なトゥルーボイスを前面に出すのは本当に勇気がいります
その勇気をくれたのは、ナオさん自身の無垢な音があったからです

IMG_0022.JPG
歌い手・弾き手、本人達が心地よく歌う奏でる事で伝わる音の波動が聴く方に共鳴し、心地よさも伝える
これが自分自身の本当の声「トゥルーボイス」、そしてナオサンの無垢な音「トゥルーサウンド」の効果なようです。


True Voice 〜自分自身の本当の声〜の思いがけない効果
IMG_6832.JPG
マエストロはいつもレッスン中、発声しながら「心地良いですかあ〜?」(日本語猛勉強されました)と言われます
「ここの音程が合っていない」「もっとお腹から声を出して」などマエストロのレッスンで一度も言われたことは有りません
マエストロは言います
「心地よく音楽を奏で、誰かに伝える為に歌おうとすれば、人の体は自然と本来の形に戻ろうとするのです。それはトレーニングでもテクニックでもありません。」
私は音楽大学を出てないのでガッツリの世界は知りませんが、これは衝撃でした
「上手く歌わなくては、とかテクニックを使わなくてはなどと考えないでください。心配しないでください。」

この心地い状態で声が出た瞬間「これがあなたの声です、音楽です。」と嬉しそうにおっしゃいます
あとはその気持ちのいい感覚を忘れないよう、レッスンでマエストロに助けてもらいながら自分のモノに取り込んでいくだけですね
すると自分の音楽世界が広がっていきます

これ、本当に不思議なんですが自分も実際体験しましたが、科学的にもすごく理にかなってるなあ〜と思うのです。
このマエストロのメソッドをやっていると、最近よくテレビで見かける健康法が全て網羅されている事に気付き改めて驚きます

※姿勢を整え呼吸を楽にする事で脳内に鬱病を抑制するセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が出るそうです
※体幹を作るので腰痛や肩コリの改善、内臓脂肪を抑制するのに有効とか
※肩甲骨の辺りにある筋肉には褐色脂肪細胞(食べ物から得た脂質や糖質をエネルギーに変える働きがあります)が多く集まっているので、それをほぐし活性することで事で加齢など代謝が落ちた人も脂肪の燃えやすい体にする効果が期待されるそうです。
※歌うことで表情筋を動かすことになりますが、表情筋を使うことで目の下のたるみやおでこのシワ改善、頬骨が上がるのでリフトアップしフェイスラインがスッキリするなど、ほうれい線が薄くなるだけでなく、最近スマホなどで10代20代で二重アゴになっている人にも効果があるようです

それに、、噛むことが少なくなっている現代人の悩み口臭にも、顎を動かすので唾液が出やすくなりますから良いようです
ざっと思い浮かぶだけでこんな感じですが
ベルクルメソッドではこれらを全て使います。しかも心地よく(ここ大事〜笑)

勿論、正しい姿勢を取る事が難しい方もいらっしゃいます。その場合は反対からのアプローチもありだと思います
心を解放して声を出すと、逆に身体が整いエネルギーが湧いてくる
笑う事と同じくらいに歌う事や音楽を楽しむ事は免疫力を高めることができるのではと思います

生徒さん方が教えてくれたこと
私の生徒さん方にもベルクルをお教えしています。上記にも書きましたがベルクルは生徒さんお一人おひとりアプローチが変わってきます

先ずは身体の力を抜く事からの方
心にプレッシャーを抱えて歌いに来られてる方には心をほぐすことからの方
ご高齢になられてボケ防止に英語でジャズを歌いたい方
昔から好きだった越路吹雪さんや美空ひばりさんの曲を歌いたい方
人前で歌った事も無いけれど、みんなで何かをやり遂げたくて集まった10代〜70代までのコーラス隊の皆さんなどなど

個々に目的は違っても私のスタンスは変わりません。
私のテーマは「上手く歌う」に囚われず「聴く方に思いが伝わる声で心地よく歌う」です。
なのでもしかしたら「歌が上手くなりたい!」が第一目標で思っている方は、私のレッスンは合わないかもしれませんね(^◇^)
ただ、レッスンの中で自然と「歌が上手くなる」と言う事がひっいて来る事になるかもしれませんが(笑)

歌を楽しんでもらいたい、自身の心地よい「トゥルーボイス」で歌うことでその方々の歌を聴いた方もHappy!になっていただきたい
IMG_0077.JPG
マエストロは生徒さんお一人おひとりをとても大切にされる方です
確かに生徒さん個々にアプローチが違うので、生徒さんとの信頼関係を深めていくことも大切なのです。
生徒さんへのこの感覚は私も実感しています。

先日福岡でレクチャーをやらせていただいた時の事
5633A32D-974D-463E-8BF2-C83630CA12D8.jpeg
時間があまりなかったので、個々にはお一人ほんの3分位で姿勢を直しただけですが、見事な鎖骨が登場した生徒さんもいらっしゃいました^ ^
その姿勢で歌うと本当に表示が明るくなって身体が楽になるのです。すると心地良いので心も楽になる、人間の身体ってよく出来てますね
9E9E70FD-F379-4227-9857-9E764D650C27.jpeg
短い時間でしたが明るくなった皆さんの歌声に会えてとても嬉しい時間でした


また神戸の生徒さんで、「ボケ防止でジャズを覚えて歌いたい」と習い始めた67歳の男性生徒さんは、今では3オクターブ軽々出るようになり、それを使ってとても気持ちよさそうに歌われます。
花粉症で体調がすぐれない様子でレッスンに来られた時の事
つい「お大事に無理しないで」と言うと、とてもびっくりした顔をされて「調子が良くないからレッスン来ました!レッスン受けたらすっきりするので」と、私の方が教えてもらうことが多いです(笑)もちろん帰りには背筋を伸ばしてイキイキ帰って行かれました

◆声の力、音楽の力

IMG_0079.JPG34258512_1709858755762773_3310250222671626240_n.jpg
自分のLIVEや

IMG_8363.JPG13260047_536126536512411_331701622406977055_n.jpg

イベントで音楽を楽しんでくださる方々にはいつも笑顔をいただいていますが


A5F95F4A-BFA0-485B-AEE9-95FEBDAA2303.jpeg26165671_1551840804897903_8180585430971990490_n.jpg
Tadaima♪で高齢者さんやチャレンジドさん(障がいを持たれた方)の施設に伺った時
そこで思いがけないお声をいただく事が有ります

IMG_2003.JPG
ずっと笑えなかった方や感情が表に出せなかった方が笑ったり涙し歌ってくれたと、、普段私達はその方々と一緒に居ませんが、スタッフさんやご家族さんが後日教えてくださいます。
そんなお声を聴くと音楽って本当にスゴイ・・と実感します
3BBB07EC-EB62-47FF-B186-38AF00CE219D.jpeg
これからもっと沢山の方々が自分自身の本当の声「トゥルーボイス」で話したり歌えば、自身も楽になる事で周りの人との関係性も変わってくる。
そうすれば嬉しい事、面白い事も増えるのではないかな〜と、思います
私自身、更にマエストロに学びながら、この「心地よい発声」を生徒さん方にお伝えできたらと思います^^

さあ!これからも楽しんで練習しよう♪


◆声のマエストロ「ミゲル・アンヘル・クルティ」JAPANについて詳しくはこちらをどうぞ 
https://miguelangelcurti.jimdo.com/

◆【ココロノ音】〜自分に還るピアノ〜癒しのピアニスト「山中直」ブログはこちら

◆「歌えば身体も心も軽くなる♪レッスン」について、他の記事はこちらもどうぞ(^^)

posted by 梅恭 UMEKYOU うめきょう at 17:44| 兵庫 ☁| Comment(0) | 歌えば身体も心も軽くなる♪レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright (c) 2007,2012 Kyoou Umenaga All Rights Reserved 当サイト内の宣材用写真以外のデータの転載は禁じられています。